こんにちは。あらじんです。

過去の投稿でクアラルンプールはお買い物天国ということで、パビリオンを紹介させて頂きました。

↓パビリオンの記事はこちら
パビリオンは超巨大ショッピングモール!

ブキッ・ビンタンには大型のショッピングモールが沢山ありますが、パビリオンのすぐ隣にロット10という大型のモールがあり、このモールには日本の伊勢丹が入っているんです。

海外に展開している伊勢丹ってどんな感じなんだろうと気になって仕方ありません。(^_^;)

…ということで今回はロット10内の伊勢丹をご紹介したいと思います。

 


伊勢丹が入っているロット10とは?

ロット10は1991年8月にオープンしたブキッ・ビンタンでもかなり古株的存在のショッピングモールです。

約24,000㎡のスペースに40以上の店舗が入っています。

入居している店舗数はパビリオンには負けてしまいますが、何と言っても目玉は上記写真でも確認できます「ISETAN」が入っていることではないでしょうか。(ISETANが広〜くスペースを使っているので、他の店舗数も少なくなっていると思います。)

いざロット10へ!

先ほどもお話しましたがロット10はブキッ・ビンタンにある大型のショッピングモールです。

↓場所はこちら

営業時間は10:00〜22:00です。(パビリオンと一緒ですね)

モノレールのブキッ・ビンタン駅の目の前にありますので、すぐに分かると思います。(^.^)

早速中に入ってみましょう!

裏口から入ってしまった為か先ず初めに目に飛び込んできたのがトイレでした。

ちょうど行きたかったので入ろうとすると、プレミアトイレの為にお金を払う必要があるとの案内がありました。

まぁ2RM(約54円)なので旅の経験と思って支払って入ってみました。

 

男性用と女性用の案内がとても可愛いです。(流石プレミア?)

 

洗面台はこちらです。

綺麗に清掃がされていて気持ちよく利用できます。(マレーシアではまだまだトイレなどは不衛生な所が多く残っていますが、ブキッ・ビンタンの高級な施設のトイレは綺麗です。)

 

トイレも綺麗ですね。

エアータオルも完備です。

 

トイレから出て早速中へ進むと高級感漂よう伊勢丹の世界が広がっていました。(^.^)

本当に日本の伊勢丹に来たのでは?と間違えてしまいます。

店内はとても静かでゆっくり買い物を楽しむことが出来ます。

 

↑少し移動してみました。

BGMで掛かっている曲が、私の大好きな日本のフュージョンバンド「CASIOPEA」なのは嬉しい。(^.^)

 

楽器屋さんもありました。

私の趣味はキーボード(主にシンセサイザー)の演奏なのですが、将来クアラルンプールで暮らすことになっても楽器屋さんがあれば安心です。

 

スポンサードリンク

食品売場もチェック!

食品売場に来てみました。

納豆も日本と変わらない品揃えです。

 

もう日本のスーパーと何が違うの?と目を疑うほど日本の食品で埋め尽くされています。

 

ペヤングなどのカップ麺も充実です。(^.^)

 

ただし気を付けなくてはならないのは、日本のものは価格が高めになっているということです。

日本から輸入したキャベツは19.10RM(約538円)です。(*_*)

 

ぎゃー!

白菜に至っては27.59RM(約663円)で超高いです。

この白菜ひとつの価格で屋台に行けば2人分の食事費が払えます。(>_<)

 

お刺身もちゃんと売っています。

結構美味しそうじゃないですか?

写真中央のお刺身は33.80RM(約913円)です。

 

お寿司だって売っていますよ。

見た目は殆ど日本で売っているお寿司と変わりませんね。

お値段は22.90RM(約619円)から32.90RM(約889円)でした。

 

丼や巻物も売っています。

カニ巻きのお寿司が2.20RM(約60円)って、これだけ極端に安くなるんですね。(カニは安く手に入り易いのかも?)

レストラン街もチェック!

ロット10のLevel4(日本でいう5階)には、J’S GATE DININGという日本のデパートでもよく見かけるレストラン街がちゃんとありますよ。

 

 

誰もが知っている「やよい軒」がありました。

日本の店舗と異なり椅子がソファっぽいもので座り心地が良いみたいです。

お値段は若干日本よりお高めの800円前後が多いみたいです。

 

 

次は「OSAKAきっちん」です。

実はこのお店を知らなかったのですが、都内でも複数店舗を展開しているお好み焼きや鉄板焼きが食べれる有名店なんですね。(^_^;)

お値段はやはりちょっと高めで、お混み焼きコースで45RM(約1,216円)ですね。

 

あれっ?

「うまい鮨勘」って家の近所(熱海)にもある仙台のお寿司屋さんと同じ名前だけど?

調べたらやはり、あのうまい鮨勘でした。

クアラルンプールにもお店を展開しているんですね。

 

日本語では「とり錦」の様です。

これまた知らなかったのですが、福岡の焼き鳥屋さんだそうです。

 

 

日本でも有名な「辻利」がありました。

日本茶の良い香りにホッとしました。(^.^)

 

屋台風にたこ焼き屋もありました。

ローカルの方の「いらっしゃ〜い」の掛け声は新鮮で良かったです。

今回のまとめ

如何でしたでしょうか。

日本のデパートに買い物に来たと錯覚するほど、日本色で統一されている伊勢丹を訪れてみました。

駆け足で回ってしまったので、ひとつひとつのお店の詳細情報を書けませんでした。(^_^;)

とにかくクアラルンプールのショッピングモールは規模が大きいので全てを見て回ろうとすると慌ただしく移動しなくてはならなくなります。(>_<)

次回の訪問時にはもっとゆっくり見て回わります。(^.^)

 

スポンサードリンク