こんにちは、のん暮らオヤジです。

私は老後の移住先としてマレーシアを候補としており、それを実現する為に有効なMM2Hビザを取得する活動を行なっております。

そして申請開始からとっても長〜い年月が掛かりましたが、2020年2月にようやくMM2Hビザを取得することが出来ました。

…ということで、今回より数回に分けて私が経験したMM2H本申請手続きと、空き時間に行うことが出来たプチ観光について書かせて頂きたいと思っております。

文章を書くのが苦手なオヤジなので、読み難い点などがあるかもしれませんが、どうぞお付き合いください。(^_^;)

 

成田までの移動が大変

 

今回は成田空港発のJAL便を利用しますが、出発が午前11時と微妙な時間。

出発の2時間前までに手続きを済ませてくださいと言われているので、余裕をみて朝8時30分までには空港に着いていなければなりません。

そうなると静岡県の自宅を出るのが早朝4時くらいでしょうか。

この時間では電車は動いていませんし、もし動いていてもスーツケースをガラガラ引きながらの移動は大変ですよね。

成田エクスプレスや京成スカイライナーならいいですが、それ以外の路線で普通車両に乗るのは結構面倒です。

そこでここ最近は成田まで車で移動することが多いのですが、今度は渋滞したらどうしよう…という不安が出てきます

これらの問題を全て解決する為に、我が家では午前出発の場合は車移動+前泊する様にしています。

ラディソン成田に前泊で駐車場も無料

私がここ数年利用しているホテルは「ラディソン成田」です。

<写真:ラディソン成田HPより>

ここのホテルはとにかく接客サービスが丁寧です。

フロントスタッフさんは勿論、正面口付近にいるスタッフさんも「何かお困りごとはありませんか?」と笑顔で声を掛けてくれます。

大きな荷物を持っていたら、こちらから声を掛けなくても運んでくれます。

今回は税込6,100円のプランでしたが、帰国までの駐車料金も無料ですので驚きです。

部屋はこんな感じ

案内されたお部屋を簡単に紹介したいと思います。

落ち着いた感じのパソコンデスクがあります。

ここで明日からのクアラルンプール 滞在について、直前情報の確認を行なっておりました。

 

やや小さめではありましたが、テレビもちゃんとあります。(当たり前か…)(^_^;)

 

ベッドも綺麗で落ち着いた感じです。

せっかく前泊したのですから、ゆっくり眠らなければ損です。

お風呂が豪華になりました

チェックインする時にフロントスタッフさんから、すぐ隣にある温泉施設「東京 湯楽城」の入場券を頂きました。

これはチェックインするまで知らなかったのでサプライズプレゼントでした。

早速案内板に従って向かってみます。

 

んんっ?想像以上に大きな建物ですよ。

 

正面口に到着。

結構、重厚感がありますね。

 

受付にチケットを渡して入場です。

入ってみて驚いたのですがとても豪華な雰囲気です。

しかも人が少なくてゆったりしています。

 

ここは休憩スペースです。

デカいちびまるこちゃん放送中です。(^.^)

ここは岩盤浴も利用出来るのですが、今回はパスしてお風呂に向かいます。

 

お風呂に向かう途中にあったこの場所、とても綺麗で気に入りました。

昭和を思わせる懐かしい雰囲気満載です。

ラーメン屋さんから居酒屋さんや駄菓子屋さんまで、色々なお店が入っていてこれは楽しい。

でも私達はホテルで食事をする予定なので、ここは我慢です。

お風呂も広くて清潔でゆっくり出来ました。(当たり前ですが写真はありません。)

成田出発前泊のお風呂がこんなに豪華になるとは…。(^.^)

ホテルに戻って食事

ラディソン成田に宿泊する時の食事はココと決めています。

雰囲気のよいお店でお客さんの殆どが外国人です。

そして外国のお客さん対応のため、店員さんも外国人が多く早くも海外旅行気分が味わえます。

 

私達の一押しはこれ。

フライドポテトにアボカドディップ(ガーリック入り)を付けて食べると最高に美味しいんです。

妻はビールが好きなので最高のお供になります。

 

妻が大好きなマルゲリータもオーダーです。

これはちょっと手作り感のない硬めのピザでした。(残念!)

 

これは私が注文した餃子定食。

餃子の下には野菜炒めが隠れていてボリューム満点…というか、多過ぎで食べきれませんでした。(^_^;)

こんな感じでゆっくり過ごしてから眠りにつくのでした。

シャトルバスで成田へGO!

翌日は早起きして7時30分発のシャトルバスに乗ります。

この時にマレーシアでは絶対に使わないコート類を駐車場に止めている車に入れておけば、空港で預ける費用と手間が省けます。(コートが無くてもバスの乗り降りの時にちょっと寒いくらいなので余裕です。)

ラディソン成田は空港から少し離れているので、朝の渋滞があると30分以上掛かることがあります。

今回は多めの渋滞があり空港まで45分近くかかりました。(私達は早めのバスに乗ったので余裕でしたが、他のお客さんはちょっと焦っていました。)

ちなみにチェックインの時に上記のバス時刻表を貰えますが、帰国の時も使いますので大事に持っていてください。

まとめ

如何でしたでしょうか。

無事に空港に到着致しました。

我が家から成田空港までは200kmほど離れていますので、安全快適に移動するために前泊を利用しています。

宿泊費は掛かってしまいますが、ラディソン成田の場合は駐車場料金が無料ですから、空港で駐車場を利用するのと殆ど変わらない費用で前泊することが出来ます。

急な大渋滞で飛行機に乗り遅れるかも?なんて心配もいらない前泊をぜひ利用してみてください。

スポンサードリンク