こんにちは、のん暮らオヤジです。

私は老後の移住先としてマレーシアを候補としており、それを実現する為に有効なMM2Hビザを取得する活動を行なっております。

ようやく仮承認を受け取ることが出来たので、いよいよマレーシアへ渡り本申請手続きを行ってMM2Hビザを手に入れます。

前回からの続きになりますが、これから複数回に分けて私が経験したMM2H本申請手続きと、空き時間に行うことが出来たプチ観光について皆さんと情報共有が出来ればと思います。

…ということで、今回はクアラルンプール国際空港(KLIA)からホテルへの移動について書かせて頂きます。(^_^;)

 

先ずはイミグレと荷物の受取

KLIAは昨年来た時と比べて大きく変わったことは無さそうです。(一部店舗の入れ替わりはありましたが)

…ということで、サクサクとイミグレと荷物の受取を済ませるべく、エアロトレインに乗ります。(2度目なので慣れたもんです。)

KLIAについてはトイレ情報など簡単ではありますが、昨年の記事がございますので、宜しかったら見てやってください。(^_^;)
↓↓↓↓↓
マレーシア クアラルンプール旅行2 KLIAは巨大空港だった!

途中SIMカードをゲット

私も奥さんもSIMフリーのスマホを持っているのに、昨年は中々SIMカードをゲット出来ずに、モバイルWi-Fiを持ち歩くハメになったので、イミグレの手前で見つけたお店で早々に手に入れます。

本申請で必要となる銀行の手続きで携帯電話へSMSを送信することがありますので、マレーシア国内で着信出来る電話は用意した方がいいです。

探せばもっと安いSIMカードが買えるかもしれないのですが、このHOTLiNKは昨年も利用した実績があるので、スピード優先で購入しました。

費用は7日間1.8GB利用で25RM(約650円)でした。これまた安い!

今回はバス移動にチャレンジ

昨年は空港からKLセントラル駅までKLIAエクスプレスを利用しましたが、片道55RMとマレーシアではかなりお高めの料金だったので、今回はバスで移動してみることにしました。

KLIAエクスプレスについては昨年の記事をご参照ください。
↓↓↓↓↓
マレーシア クアラルンプール旅行3 KLIAエクスプレスは快適だった!

 

バス乗り場は少し離れたところにあるので歩きます。

日本語で「バス乗り場」と案内が出ていますので従って進みます。

上記写真の突き当たりまで進むと急に案内が無くなって不安になりますが、右手にあるエスカレーターで下に降りて行きます。(この辺りは少々テンパっていたので詳細のルートの記憶がありません。)(^_^;)

下へ降りるとこの巨大空港からは想像出来ない程の小さなバス乗り場があります。

 

これまた窓口が4カ所だけの小さなチケット売り場で、KLセントラル駅まで大人2枚を購入します。

乗車時間が1時間程度の直行バスが1人12RM(約312円)は格安です。

 

チケットを乗車口に座っているお兄さんに見せると「このバスだよ」と笑顔で教えてくれました。(^.^)

 

このバスです。

バスは30分に1本くらいの間隔で運行されているみたいです。

私達は発車時間10分前に着いたので殆ど待たなくて済みました。

ちなみに大きなスーツケースはバスのトランクに入れることが出来ますが、日本の様に係の方が行ってくれることはないので、自分で入れます。(雑に放り込まれるより自分で入れた方が安心ですね。)

 

座席は自由席で3列(2列−1列)なのでゆったりしています。

車内も綺麗で良かったのですが、私の席のシートベルトは壊れていました。(^_^;)

 

走り出すと車内の照明が暗くなるのですが、何とも怪しい感じの色合いです。

よくバス車内は冷房が効きすぎて寒いと言われていますが、全くそんなことはありませんでした。

※この後色々な施設等でも実感したのですが、明かに昨年と比べて冷房は弱め傾向になっていると思います。

 

無事にKLセントラル駅のコンコースに到着しました。

実はバスを降りてからここまでは結構距離があります。

バスはまるで搬入車専用駐車場みたいな所に停まるので、スーツケースをガラガラと引きながら、5〜6分は歩かなければなりませんでした。

案内もなくどう進めば良いか分からなかったので、先ずは周りの人の流れに従って付いていくことにしました。

暫く歩くと長〜いエスカレーターがありますが、皆さんスルーです。

よく見ると下りのスカレーターなので、もう少し先まで歩きますと上りエスカレーターがちゃんとありますので上がっていきます。

このエスカレーターを上りきると駅コンコースの入口に到着します。

この道中について全く写真を撮っていなかったので後悔しています。

「KLIAからKLセントラル駅までバスでの行き方」などのキーワードで丁寧な投稿記事が見つかりますので、参考にしてみてください。(^_^;)

スポンサードリンク

タクシーでホテルへ

すっかり疲れてしまったので真っ直ぐタクシーでホテルへ向かうことにしました。

KLセントラル駅も日本語表記の案内が出ていますので、タクシー乗り場は直ぐに見つけることが出来ると思います。

 

タクシー乗り場に到着です。

KLセントラル駅のタクシーはチケット制になっていますので、赤丸で囲ったチケット売り場で、行き先を告げて前払いで料金を払います。

 

チケットを買いました。

今回の宿泊先であるインターコンチネンタルまで18RM(約468円)でした。安い!

既にご存知の方も多いかと思いますが、クアラルンプール近辺の流しのタクシーはぼったくりが多いので、チケット制のタクシーかGrabタクシー(配車アプリ)がお勧めです。

Grabタクシーについては下記の記事も参考にしてみてください。
↓↓↓↓↓
マレーシア クアラルンプール旅行16 Grabタクシーは安くて超便利だった!

 

乗り場にいるお兄さんにチケットを見せればどのタクシーかを教えて貰えます。

優しそうな雰囲気の運転手さんで、荷物もトランクに丁寧に入れてくれました。

 

このドライバーさん、マレーシアのタクシーにしては珍しく安全運転でした。

移動で疲れた身体には優しい運転で助かりました。

 

無事ホテルに到着です。(到着は夜ですが昼間の写真しか撮っていませんでした。)

まとめ

如何でしたでしょうか。

今回はクアラルンプール国際空港からホテルまでの移動について書かせて頂きました。

旅行代理店のツアーの場合は、空港からホテルまでの送迎が始めから付いていたり、または別途オプションで追加してお願いすることが多いのですが、クアラルンプールの場合は交通網が発達していて、且つ運賃がとても安いので、自分達でチケットを購入して移動するのが断然オススメです。

難しい手順はほとんどありませんので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク